ふるさと納税をすればもれなくグルメが付いて来る

上手な節税方法

食材

タイミングをずらす

ふるさと納税は、1年度に寄附した金額に応じて住民税や所得税が減税される制度である。多くの自治体は寄附金額に応じて返礼の品を準備しており、これを選択して受け取ることができる。2000円が寄附金額より控除されるが、多くの場合は返礼の品で2000円以上の価値のあるものを受領できるため、寄附する各個人にもメリットのある制度である。2000円の控除金額のみでふるさと納税を行える上限金額があるので、この点は注意が必要である。上限金額は各個人の収入や住宅ローンの有無などにより異なるため、ふるさと納税専門サイトなどで確認してから実際の寄附を行うと良い。さて、この返礼の品であるが、これをすぐに受け取りたくない場合には、寄附と返礼の品受領とのタイミングの問題が生じることがある。ここで役に立つのがポイント制度である。ふるさと納税におけるポイント制度では、返礼の品を受け取る前の段階で一旦ポイントを受領し、これを保有しておく。返礼の品はこのポイントを使用して受け取るというものである。ポイントには有効期限があるものの、寄附した翌年度でも返礼の品を受領することができる。ポイント制度はふるさと納税サイトや寄附先の自治体によって取り扱いが異なり、必ずしも使用できるわけではないので、予め確認が必要である。このポイント制度は、消費期限が設定されている返礼の品を寄附したタイミングとは異なるタイミングで受け取りたいとき、季節性の商品を選択したいときなどに活用することができる。又、返礼の品が品切れとなっており、入荷待ちの場合にもポイントを活用することができる。